スポンサーリンク

子供にとっての「成人の日」とは?

「成人の日」ってどういう日かご存知ですか??

正確な話は、下の方にwikiさんより引用を記載しますが、先日、子どもがせいじんの日のことを話してくれたのでご紹介します!!

【こども】
なぁなぁ!

せいじんの日ってせいじんがいっぱい来る日やろ!?

成人式とかに成人になった人が集まるから間違いでもないよなぁ~って思いながら聞いてみました!

【おとな】
せいじんがくる?

すると子供が

【こども】
「なんとかせいじん」とかが、いっぱい集まってくるんやろ?

それで気が付きました!

【おとな】
それ!

「成人」じゃなくて、「〇〇星人」とかの話やん!!

なるほど、日本語って難しい!!

「星人の日」といっても聞いた限りではわからない!!

〇〇星人がいっぱい集まってきたら、こわいやーーーん!!といって話は終わったのですが、子どもの発想は自由で面白いなぁと感じました!!

「成人の日」についてwikiペディアさんに聞いてみました!

成人の日(せいじんのひ)は、日本の国民の祝日の一つである

ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日があてられている

平成11年(1999年)までは『1月15日』だった。

成人の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としている。

この日には、各市町村で新成人を招いて成人式が行われる。
(ただし、豪雪の影響や帰省しやすい時期等を考慮して大型連休中やお盆に行われる地方も多い)

本来、成人の日は、前年の成人の日の翌日からその年の成人の日までに誕生日を迎える人
(例:1998年の新成人の場合は1997年1月16日から1998年1月15日までに20歳になった人)を祝う日だったが、2000年(平成12年)のハッピーマンデー制度実施以降では、前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着するようになっている。

改正祝日法施行前の成人の日

すべて1月15日。1949年から1999年まで。
日曜日:1950年、1956年、1961年、1967年、1978年、1984年、1989年、1995年
月曜日:1951年、1962年、1968年、1973年、1979年、1990年、1996年
火曜日:1952年、1957年、1963年、1974年、1980年、1985年、1991年
水曜日:1958年、1964年、1969年、1975年、1986年、1992年、1997年
木曜日:1953年、1959年、1970年、1976年、1981年、1987年、1998年
金曜日:1954年、1960年、1965年、1971年、1982年、1988年、1993年、1999年
土曜日:1949年、1955年、1966年、1972年、1977年、1983年、1994年

改正祝日法施行後の成人の日

すべて月曜日。以下、2060年までの予定を含め記す(括弧内は予定)
1月8日 - 2001年、2007年、2018年、(2024年、2029年、2035年、2046年、2052年、2057年)
1月9日 - 2006年、2012年、2017年、(2023年、2034年、2040年、2045年、2051年)
1月10日 - 2000年、2005年、2011年、(2022年、2028年、2033年、2039年、2050年、2056年)
1月11日 - 2010年、2016年、(2021年2027年、2038年、2044年、2049年、2055年)
1月12日 - 2004年、2009年、2015年、(2026年、2032年、2037年、2043年、2054年、2060年)
1月13日 - 2003年、2014年、(2020年2025年、2031年、2042年、2048年、2053年、2059年)
1月14日 - 2002年、2008年、2013年、2019年、(2030年、2036年、2041年、2047年、2058年)

2019年は1月14日(金)のようです!!

立派な成人が増えて社会に貢献していけるとうれしいですね!!

星人が来て子どもと遊んでくれてもいいのですがwww

スポンサーリンク
おすすめの記事